昨夜遅く飲んで帰ってきた夫に、朝食前に風呂を進める若妻。夫が風呂に消えると、若い嫁の姿に目つきがもう欲情している。台所まで嫁の後を追いかけて、荒々しくスカートをめくりあげ、パンツを脱がしてクンニ。片足をあげてオマンコに吸い付く。台所の床に寝かせて、更にクンニ。オマンコに執着する義父は、自らの勃起チンポを嫁に挿入し、嫁は夫が消えた浴室の扉を気にしつつ、腰を動かす。しかし、逝く前に夫が出てきてしまい、続きは食事の後。夫が外で自転車の手入れと点検をしてる間に、ちゃぶ台に座った嫁と義父。パンツずらして嫁のオマンコを剥き出しにしてお尻の方から手を入れて手マンする義父。しかしまたまたいいところで夫の邪魔が入る。夫が自転車に乗るために出て行った後、改めて欲情をもてあました嫁と義父。布団を敷いてたっぷりエッチ三昧が始まる。

【昭和浪漫官能劇場】夫は子供みたいで・・。自分を女として見てくれるのはお義父様だけだから

» 記事の続きを読む