動画の彼女が時折叫んでいるように聞こえる、Oh my Godは、日本語にすると、昔のアニメポパイが使った「ワーオ!なんてこったい!」を思い出すけど、どうやらそれがこの日本語訳の語源だったから見たいですね。つまり、原作ポパイの口癖が Oh my God!だったらしいです。「Oh my Gosh!」(オーマイガーッシュ)とも言うそうで、そちらの方がトラブルにはならないかも知れないですね。日本人は宗教的なトラブルに疎いですから。もし、ポパイが現代から始まっていたとしたら、その日本語訳は、「ヤバい」だったかも知れません。さて、動画のブロンド美女が、Godと言っているのか、Goshと言っているのかまでは解りませんが、檻と見まごうようなベッドの手すりに両手拘束されてうつぶせで、問答無用でアナルを凌辱される。時折、スパンキングまでされる・・・。アナルファックが痛いのか、段々気持ちよくなって言ってるのかの判断は皆さんでご確認下さい。目が逝っちゃってる顔も二度ほど見せませが・・。6分程度のマニアックな動画ですのでお楽しみ下さい。

拘束されてアナル凌辱されるブロンド美女、『Oh my god!』は逝く合図!?


01アナル掘られて痛そうにも気持ちよさそうにも見えるブロンド美女・を見る




02かまわずアナルピストンに絶叫するブロンド美女を見る


03目が先に逝っちゃってるお姉さんを見る


04両手を拘束され、アナルピストンされ、髪を引っ張られるお姉さんを見る








関連記事