浴衣のような寝間着は当然下着は着けていない。はだけられた脇の下の匂いを嗅がれ、舐められながら、乳首をコリコリされ更にもう既に後ろから挿入されているようで、細かに腰を動かす義父。若く美しい嫁は、寝たふりなのか、声が聞こえるとまずいと思っているのか、執拗な義父の後ろからのピストンに、切ない喘ぎを漏らし、『逝く・・逝っちゃう』とか言ってるようにも聞こえる。だけど、思いっきり逝けず、堪えるのがまたエロい。後ろから突かれ続けて失神してしまうエロい嫁。

【昭和官能劇場】義父の後ろからの執拗な突きにアクメを堪え失神するエロい嫁


01マンコ・乳首・ワキの三ヶ所責めで、乳首ピンコ勃ち、マンコグチュグチュのエロい嫁を見る


02アクメに耐えるエロい嫁を見る


03気持ちいいのに声を押し殺してむせび泣くエロい嫁を見る


04完全俯せファック(足下からのショット)を見る


05失神してしまったエロい嫁を見る



【昭和官能劇場】義父の後ろからの執拗な突きにアクメを堪え失神するエロい嫁を見に行く

【昭和官能劇場】義父の後ろからの執拗な突きにアクメを堪え失神するエロい嫁を見に行く



関連記事