ソファーでおおかた開きでオナニーする少女。人が入ってくる気配に慌ててオナニーを中止し、パンツをずりあげて布団に潜り込む。帰ってきたのは父。母が仕事に出かけたと聞くと当分帰ってこないなと、娘の布団を剥いで下着姿をさらす。一応は様態を気遣うものの、それが言葉だけだと解る。娘もおそらく期待していたのだろう。父の愛撫、そして横に寝かされて挿入されると『父ちゃん・・』と熱い吐息を漏らす。仕事を抜けて娘を舵機に来た父は、駅弁ファックや鬼突きで娘の子宮を刺激しまくる。娘にぶっかけた後またマンコを舐めて、ベロチューしながら着替えると、またそそくさと階段を降りて仕事に戻る父ちゃん。

【昭和官能劇場】熱を出して寝ていてもオナニーしながら父ちゃんを待つ娘

【昭和官能劇場】熱を出して寝ていてもオナニーしながら父ちゃんを待つ娘01

【昭和官能劇場】熱を出して寝ていてもオナニーしながら父ちゃんを待つ娘02

【昭和官能劇場】熱を出して寝ていてもオナニーしながら父ちゃんを待つ娘03

【昭和官能劇場】熱を出して寝ていてもオナニーしながら父ちゃんを待つ娘04

【昭和官能劇場】熱を出して寝ていてもオナニーしながら父ちゃんを待つ娘05

【昭和官能劇場】熱を出して寝ていてもオナニーしながら父ちゃんを待つ娘06

【昭和官能劇場】熱を出して寝ていてもオナニーしながら父ちゃんを待つ娘07




【昭和官能劇場】熱を出して寝ていてもオナニーしながら父ちゃんを待つ娘を見に行く

【昭和官能劇場】熱を出して寝ていてもオナニーしながら父ちゃんを待つ娘を見に行く



関連記事