【昭和ロマン】『このまま私のナカで逝って下さいませんか』若い女中にご主人様を盗られぬようエロくけなげに振る舞う

新しく東京のお屋敷に奉公に来た若い女優はまだ10代なのに処女ではなかった。若くして母に先立たれ口減らしで奉公に出されたが、それまで、父親の慰み者になっていた若い女中、愛子。たいして先輩の節子は、旦那様の奥様が結核を患って療養していることから、これまでご主人様の寵愛を独り占めしてきた。しかし、無垢ではない若い女中が入ってきたことで、それもあやしくなる。ご主人様の大好きな腋毛を生やしてみたり、お尻を高く上げて『ご主人様~』とエロくオチンチンを催促したり、ご主人にフェラチオを強要された時には、わざと股を開いてオマンコを丸出しにして挿入を誘う。


【昭和ロマン】『このまま私のナカで逝って下さいませんか』若い女中にご主人様を盗られぬようエロくけなげに振る舞うを見に行く

【昭和ロマン】『このまま私のナカで逝って下さいませんか』若い女中にご主人様を盗られぬようエロくけなげに振る舞うを見に行く



関連記事